スポンサーリンク

まも2賢者2構成メリット・デメリット!スコルパイド

スコルパイド関連

雫でお金無くなっていきます><はむです^^

今日はスコルパイドの最近流行りだした、新しい構成です!

討伐報告が多く挙がっている構成は
「まも2バト賢者」
「まも2道具賢者」
この2つの構成が多く挙がっています。

ここ最近、新しい構成が注目され始めています!!
「まも2賢者2」の構成です!!

この構成について、解説していこうと思います^^

メリット、デメリットあると思うのでまずはそちらから^^

メリット

メリットとしては安定感が増す事がいちばんのメリットですね^^

①分散する災禍で、崩れる事がなくなる。

分散する災禍は、強さ3だとなるべく4人で受けないとベホマラーでの回復が間に合わず、次の攻撃でペアで落とされてしまうことや、分散する災禍の前に回復が間に合っていなくやられてしまう事、また集まる事が出来ずにやられてしまう事が多くあります><

賢者2構成だと回復が2人になるので、回復が間に合わなくなる事が無くなるのと、奇跡の雨を常にキープできるので、やられる事が無くなります。
奇跡の雨がかかっているので、集まる際まもの使いはまもの使い同士、賢者は賢者同士の2人で集まるだけで十分耐える事ができます。

②アビス時、崩れなくなる

他の構成だと、アビスに突入した時にまもの使いや道具使いなどが雫を使い、賢者が奇跡の雨を使う感じでした。
そして雷の当たり方や敵の攻撃、回復のタイミングによっては、いつのまにかやられてしまうこともあったと思います。

賢者2構成は奇跡の雨が常にかかっている状態なので、突入の時にかけたりとか、雫を使うといった事が無くなります。
回復が2人だとアビスの時は回復重視にする事で安定して、1分間を乗り切る事ができます^^

③敵の手数を減らしやすい

これはバト構成と比べてですが、バト構成は前衛3後衛1なので、後衛にタゲがいかないと、壁をする事ができませんでした。
賢者2構成だと賢者のどちらかがタゲを引けば、壁をして引っ張る事ができるので、敵の手数を減らして攻撃に集中する事ができます^^

デメリット

①火力が足りなくなる恐れがある

火力は足りないことはないですが、今までの戦い方ではまず火力不足になるでしょう。
今までは、まもの使いが攻撃役2人で、バトでさらに火力アップか道具で補助、ガジェ、攻撃などをしていました。
まもの2人だけの攻撃だと、敵の行動を完全に把握して隙をついて攻撃できるような上級者でないときついと思います。
そこで、賢者さんが攻撃に加わるのです。
賢者は回復がメインで行っていたので、それに攻撃を増やしていくとなると、今までの動きを変えていかないといけないので大変です><

②壁がうまくできないPTでは無理

賢者がタゲを引いた際に壁をうまく出来るPTじゃないと、味方の手数が減り敵の手数が増えて、結局賢者が攻撃できない悪循環ができてしまいます。
結果、火力不足につながります><
やったことないですが、十字Y字戦法はこの構成では使う事ができないと思います。

③避けれる攻撃は全て避けないと厳しい

道具構成やバト構成では、まもの使いの火力をバトが補ったり、道具がバイキなどをして火力をすぐ上げれました。
まも2賢者2の場合はまもの使いの火力を賢者を補うのですが、まもの使いは一度やられると、火力を出せるようになるまで数ターンかかってしまいます><
ブラットなどを食らって賢者も巻き込んで死んでしまうと、賢者もバフをかけ直すのに数ターン無駄にしてしまいます><

④賢者の連携が必須

何度か賢者2構成でやりましたが、まもの使いの行動は基本変わりません。壁の対応がしっかりと出来ていれば問題ありません^^
やいばの防御もほぼ使わないで大丈夫です^^
変わるとすれば、分散する災禍の時に後ろに下がらなくて済む事です。

賢者の方は大幅に戦い方が変わってきます><
奇跡の雨はアビスの時でなく、常に維持できるようにする。
アビスの時にベホマラー。
攻撃にも比較的参加する。
超暴走魔法陣を交互に敷くようにする。
装備も超陣で暴走するきようさ、ドルマドン・ドルモーアの威力を底上げする闇呪文ベルトや闇智謀の首飾りなど。

様々、変わるところがあります。
そして、今まで賢者2で連携をとるボスなどいなかったので、連携に慣れるのに練習が結構必要かもしれません><

まとめ

メリット・デメリットあげましたが、壁がしっかりできるPTなのであれば事故率は格段に減り、いい構成だと思います^^

賢者の連携も同じPTなら、10戦ぐらいすれば問題なくできるようになると思いますし^^
強さ1でまずは攻撃をそこまでせず、回復や奇跡の雨、魔法陣の連携などを強化して、強さ2で攻撃に積極的に参加する練習、そして強さ3で全力でぶつかる!
1つ1つ徐々に覚えれば確実に勝ちに近づけます^^

コメント